農園概要

農園概要

静岡県の掛川市、海沿いの小さな町ですが冬でも温暖で日射も多い地域で施設園芸に適しています。

7圃場、約4000坪の施設(定植本数約12万本)でイチゴの栽培を行い、生食出荷、業務向け出荷、いちご摘み園を行っています。(出荷期間10月~6月末、年間生産量80~100トン) 品種は静岡生まれの紅ほっぺを中心に、あきひめ・きらぴ香・かおりの・かなみ姫・白いちごなど、お客さんのニーズや用途にあった品種を導入しています。 栽培方法は、ハウスの中で植物が最も力を発揮できるように環境を整え、高品質で高収量ないちご農場を目指しています。 特徴としては、7~8月の苗作りの時に夜冷処理を行い、長年の栽培技術により一季なりイチゴでは難しい10月からの出荷を行い製菓用として大変喜ばれています。 そして次の果房を前進させる技術により一般的な栽培作型よりも出荷の最盛期を早く迎えるよう栽培を行い、最も需要が高まるクリスマス期での高収量を実現しています。 栽培施設内の環境制御、高い生産性の栽培システム。 なによりそれらを通じて人が成長でき、農業で成長できる組織を目指します! 労働集約型のイチゴ生産は大規模化や生産性向上が難しい産業ではありますが、逆にまだまだ可能性がたくさんある産業といえます。 共に挑戦する仲間、(社員としても、社外からも)随時募集中です!

会社概要

社名 株式会社鈴木農園
代表者 鈴木春雅
設立 2011年
従業員数 12~25人(季節変動あり)
住所 〒437-1302 静岡県掛川市大渕4240
電話番号 0537-48-6358
営業時間 9:00-17:00

沿革

1980年~ イチゴ栽培開始(初代、薫)
1993年~ イチゴ摘み園開園
2003年 第4農場建設
2006年 第1農場増設 業務用出荷開始
2007年 第3農場建替え、増設
2009年 育苗ハウス建設
2011年 株式会社鈴木農園設立 掛川市認定農業者 法人認定 第5農場建設 (施設総面積1ha) 第3農場台風により倒壊、建替え
2012年 重量選別機導入
2015年 研修生独立就農(安達農園)
2016年 農地所有適格法人格取得 新規農地取得(1000坪) 第6農場建設、夜冷施設新設、イチゴ重量選別機導入 香港輸出開始
2017年 2018年 2019年 第7農場建設 移動式ベンチシステム導入 経営力向上計画認定 統合環境制御システム導入 第8農場建設(育苗棟)
 

施設 7棟 合計130a (いちご摘み圃場20a、出荷圃場110a) 夜冷施設3棟 (2018年現在)

PAGETOP